破産宣告の手続き方法~自己破産の正しいやり方ってあるの?~

破産宣告の手続き方法~自己破産の正しいやり方ってあるの?~

破産宣告の手続き方法~自己破産の正しいやり方ってあるの?~

借金がかさみ支払いが不可能になった場合には、人生を諦めたりせずに破たんしてしまった生活をやり直すための手続きを開始するべきです。国が法律を作り個人の破産について対応するすべを示していて、きちんと対処すれば新たに人生の設計をたて直し、生活していけるようになります。

流れとして初めに自身の収入や財産などで債務を支払う能力がないことを裁判所が認めて破産手続きを始める決定をしてもらう必要があります。以前は破産宣告と言われていましたが、法律が改正されてからは破産手続開始決定といわれるようになりました。そして破産の申し立てと同時に免責許可の申立てをしたことになります。

債務がどれだけあるのか、把握しておくことも大切です。金融会社関連だけではなく、親せきや知人などから借りているお金があればそれらの金額も明確にしておく必要があります。破産宣告が法律で認められているといっても、自己破産をしてしまうと信頼が失われるからと言って、親せきや知人などから借りていることを公にしないようにする人もいますが、正確に債務を申告しないと決定を受けるまでの流れが滞ってスムーズにいきませんし、後から困ることになるため隠さないことが重要です。また、自身の財産についても不動産や預貯金だけでなく、加入している保険や退職金についても含まれるため、それらをすべてお金に換算して各債権者に分配しても債務が完済しないことを確認してから申し立てるべきです。

破産宣告から新たに施行された法律についても詳しくなく、手続きを流れに沿ってスムーズに進める自信が無いときには、弁護士など法律の専門家に相談や依頼を行うと良いです。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法