破産宣告の怖いデメリットとは?【自己破産の役立つ情報まとめ】

破産宣告の怖いデメリットとは?【自己破産の役立つ情報まとめ】

破産宣告の怖いデメリットとは?【自己破産の役立つ情報まとめ】

自己破産は多額の借金を抱えてしまったときの救済法として、最後の手段ということができます。
破産宣告をして自己破産を成立させることによって、抱えている全ての借金に対する支払い義務を帳消しにできますので、一見楽ができる制度のように感じると思います。
ただし、破産宣告をすることによるデメリットも、当然のことながら存在しています。
破産宣告をするデメリットとして最も大きな影響を受けるものとしては、一定の財産を失ってしまうことが挙げられます。
借金の清算を行う上で、手続きをする時点において所持している財産の大半の部分について差し押さえられることになります。
現金としては99万円以上の金額、その他の不動産などの財産については20万円以上の価値のあるものは差し押さえの対象となります。
破産宣告をすることで生活に必要だった住宅や自動車などを手放すことになるわけですが、債務整理の手続きを行っているという情報についてはそれぞれの金融業者が情報を確認するために活用する、信用情報機関に登録されることになります。
自己破産者はブラックリストとして登録されることになって、登録が消去されるまでの10年間においてはクレジットカードの作成を行ったり、住宅や自動車を購入するためのローンを組めなくなるデメリットがあります。
新たな借り入れができなくなることで、カードを使っての支払いや分割払いができなくなりますので、物品の購入に関して苦労するデメリットが発生すると言えます。
破産宣告をするときには、これらのデメリットの部分についても把握しておく必要があります。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法