破産宣告費用.com|安い料金で自己破産をする方法はある?

破産宣告費用.com|安い料金で自己破産をする方法はある?

破産宣告費用.com|安い料金で自己破産をする方法はある?

そもそも破産宣告とは?

破産宣告は、多重債務に陥ってしまい、どうしても返済不能だと判断された場合、唯一返済義務を免れられる手段となります。
事情があって働くことが難しいなどの、将来得る収入の見込みもなく、今後も債務の返済がどうしても無理だと思われる人に適用できる方法です。

 

破産宣告する前に
借金問題を解消したいと思った時、破産宣告しようと思う人は多いでしょう。
しかし、収入の有無や所有財産の有無、借金総額、借り入れの件数など、
借金問題とはいっても、状況は一人一人違いますよね。
状況が違えば、債務整理の方法も変わってきます。
まずは、自分の状況を確認し、どの債務整理方法が自分に合っているのか診断してみましょう。

  • 匿名無料で利用できます!
  • あなたに合った借金問題の解決方法を教えてくれます!

⇒匿名で無料診断してみる

 

破産宣告のメリットとは

借金問題が解消できる

破産宣告をすることで、今までの債務が免除され、借金がなくなります。

金融業者からの取立てから開放される

借金の取立てが厳しく、精神的に追い込まれていた方も、取立てから開放されることで精神的に楽になるでしょう。

破産宣告は、免責を受けることができれば借金が全額なくなり、取立てからも開放されるというかなり魅力的なメリットがあります。
しかし、これだけ大きなメリットがあるのですから、破産宣告で借金問題を解決する場合にはもちろんデメリットもあります

 

破産宣告のデメリットとは

最低限の預金と財産以外は没収されてしまう

破産宣告をする場合、「免責」というものがおりれば、借金を返す義務をなくすことができます。
しかし、そのときに財産を持っていた場合は、それを処分することで債権者にできる限り支払わなければならないことになっています。

 

持ち家や自動車なども処分の対象になりますので、最低限の家財道具と生活費でやっていかなければならないのです。

 

一時的にクレジットカードが作れなくなり、ローンが組めなくなる

破産宣告をすると、信用情報に載ります。
自己破産をしたという情報が登録されるため、そこに自己破産の経歴が残っていれば、まず審査に通ることは難しいでしょう。

 

この情報が登録されている期間がだいたい5~7年くらいと言われているため、そのぐらいの期間はクレジットカードやローンの利用はできないものと考えておきましょう。

 

免責までの間、資格制限・職業規制がある
制限される代表的な職業は-
  • 弁護士
  • 司法書士
  • 税理士
  • 公認会計士
  • 証券会社外交員
  • 警備員

この資格の制限に関しては、何年もずっと職業や資格が制限されてしまうわけではないので、手続きをする際にちょうど該当する職種に就職しているという場合以外は、そこまでデメリットにはならないでしょう。

 

破産宣告に必要な費用は?

自己破産の手続きにかかる費用は、
裁判所に支払わなければならない費用
手続きを弁護士に依頼する場合には弁護士費用も必要になります。

弁護士費用

弁護士や司法書士に依頼をする場合には、
だいたい20万円~50万円くらいの間が一般的な相場と言われています。

 

※ただし、弁護士費用は弁護士によっても料金が違ったり、借り入れの件数・額など、その人の状況によっても必要になる金額は変わります。

 

破産宣告を安い費用でする方法は?

最も安く済む方法は、個人で手続きを行うことです。
しかし、いろいろなことを自分で行わないといけないのでとっても大変です。
”自分で卒なくこなせる”という自信がある方にとっては、一番安い方法になります。

 

弁護士や司法書士に依頼したいけど、そんな大金すぐには用意できない・・・という方は

破産宣告の前にまずは相談を!

 

多重債務を抱えて、一人で悩んでも解決は難しいでしょう。
どうしても返済が無理だと思ったら、すぐに弁護士に相談しましょう。
法律のことは、法律のプロに任せておいた方が絶対に良い方法を教えてもらえるからです。
まずは、無料相談を行っている弁護士事務所に一度相談しましょう。


⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■電話相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方
フリーダイヤル:0120-501-605

 

それ程大きくない消費者金融業者の場合、弱みに付け込まれてやたらと高い金利で貸付を実行される場合が結構ありますので、即日融資を利用して貸付を申し込む場合は、よく名前を聞くような消費者金融業者で借りるのがいいでしょう。 今や、消費者金融会社自体は巷に溢れかえっていて、どこに決めようか困惑する人が多いため、インターネット上や雑誌などでランキングという形などの口コミを見て吟味することができるようになっています。 破産した方やブラックの方でも利用できる大手以外の消費者金融業者の一覧表があれば、借入を考えている時に有難いですね。何が何でも借金しなければならない時、融資可能な会社がちょっと見ただけでわかるようになっています。 銀行の傘下は審査の通過が難しく、信頼度の高い借り手を選んで貸し付けを行います。他方審査にパスしやすい消費者金融業者は、いくらかリスキーな場合でも、対応してくれます。 銀行の系列のなっている消費者金融業者の場合でも、パソコンからの申し込みの可能なところも探せばたくさんあります。そのためもあって、融資の審査時間の高速化と当日すぐに融資が受けられる即日融資がOKとなったのです。 どれぐらいの額の融資を受けるかによっても金利は変わりますので、選択する消費者金融そのものも変わるのが当たり前です。低金利な点だけにとらわれても、あなたにうってつけの消費者金融会社は選べないかもしれません。 中堅や小規模タイプの消費者金融で、知らない名前の業者だと、利用して大丈夫なのかと結構不安になりますよね。そういう場合に助かるのが、その業者の口コミです。 消費者金融を一覧に集めて整理しました。急いでお金を用意しないと困るという方、二カ所以上での金銭債務を一まとめにしたいと計画している方も一度ご覧ください。銀行系列会社のカードローンも参考までに掲載しています。 インターネットを見ると多種多様な消費者金融の比較サイトが作られており、だいたい利用限度額、金利その他に注目して、推奨ランキングとして比較を行い紹介しているものが多数派です。 近頃では審査の所要時間もとてもすばやくなったこともあり、全国規模の銀行グループの消費者金融でも即日融資への対応が可能であることが多いですし、中堅クラスの金融業者でもあまり違いはありません。 負債を増やしてしまってどちらからも融資を断られた方は、このサイトに掲載されている消費者金融系ローン会社の一覧表の特集から申請すれば、他の金融会社では無理と言われた融資ができる場合も十分あり得ますので、検討してみることをお勧めします。 どこに決めれば無利息という金利で消費者金融に借入の申し込みをすることが可能になったりするのでしょうか?言うまでもなく、あなたも気になっているのではないかと思います。そういうことで、お勧めなのがよくCMが流れているプロミスなんです。 よく名前を聞くような銀行系の消費者金融業者なども、今では午後2時までの申し込みであれば、即日融資の対応ができるようなシステムです。だいたい、カードの審査に約2時間費やすことになります。 銀行の系統の消費者金融会社は、可能なら貸し出しが実行できるような自社独自のユニークな審査基準によって審査を実施するので、銀行においてのカードローンが残念な結果になった方は、銀行の系統の消費者金融なら大丈夫かもしれません。 所得証明が要るかどうかで消費者金融業者を選ぼうとしているなら、店舗来店なしでの即日融資にも応じることができるので、消費者金融ばかりでなく、銀行グループの金融業者のキャッシングも想定するのもおすすめです。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法